実家を売って近居や同居が増える?離れて暮らす親と今後を考える!

「近居」っていうキーワードをご存知ですか?UR都市機構がCMなどで使っていたりするので知っている方もいるかもしれませんが、今後この近居が増えると言われています。

都市部で仕事をしていたり、昔に比べて実家の仕事を継ぐ事が少なくなっているので、実家とは離れた場所で生活している方が多いと思います。

しかし、今は良くても、自分に子供が生まれた場合、両親のどちらかか病気になってしまった場合、亡くなってしまった場合、近くに家族がいる事は安心に繋がるはずです。

そこで注目されているのが「近居」という新しい暮らし方。

近居ってなに?

大体漢字でわかるかと思いますが、近居は一緒に住んでいないが、近くに住むことです。同居とは違い、それぞれ異なる家に住んでいるので、お互い程よい距離感で生活することが可能な新しい暮らし方です。

新しい家族の暮らし方「近居」のメリット

今後、なぜ近居が注目されていくのか?近居のメリットについて考えてみました。

子供側のメリット
・子供ができたときに面倒を見てもらえる
・共働きしやすい
・資金面での協力
・近くに住む事で親への心配が減る

子供ができたときに面倒を見てもらえる

子供ができた時に、仕事の都合や、近所の付き合いなど、どうしても子供を預けないといけない場合があったりします。そんな時に両親が近くに住んでいればお願いしやすい!

共働きしやすい

子育てもあり、なかなか共働きが厳しい状況ですし、働きたくても子供の事もあり働きにくい環境があります。両親に子供を見てもらえることで共働きが可能になります。

資金面での協力

近い場所に近居もありますが、二世帯近居というのもあり、例えば、同じマンション内に別々に住むと言った選択肢もあります。そうすることで資金援助してもらえたりもしますよね。

また、となりの空き地が空いているので資金援助して家を建ててくれる!という話しも何度か聞いた事がありますので、同じように考えている両親もいるはずです。

近くに住む事で親への心配が減る

現状、健康だとしても今後どのようになるかは誰にもわかりません。

認知症になる可能性もあり、そうなると一人で生活させるわけにはいかなくなりますし、施設に入れるにしても、超高齢化で入れない状況が続いている介護施設も多く、いざとなった時にすぐに動ける状態ではありません。その為、近居であれば、すぐに見にいけますし、何かあった際も手助けできるので子供世代にしてみても安心できる点がメリットです。

両親側のメリット
・孫にすぐに会える
・もし何かあったときに頼れる
・あまり迷惑をかけたくない

孫にすぐに会える

孫が出来たら、できるなら一緒にいたいと考える気持ちはすごくわかりますよね。近居であれば、いつでも会える距離にいますし、会う機会が増えるので両親にとってもとてもメリットです。

もし何かあったときに頼れる

田舎でも昔に比べて近所付き合いが無くなっている状況ですので、ほとんどの場合で近所に頼れる環境はないと考えた方が現実的で頼れるのは家族のみとなってしまいます。その為、もし自分に何かあった際に離れて暮らしていると、すぐに頼ることができないのは不安です。近居であれば、何かあった際に頼れるため安心して生活できます。

あまり迷惑をかけたくない

子供になるべく迷惑をかけたくないと考えている親も多いと思います。自分がもし何かあった際には頼りたいとは思っていても同居の場合は気を使わせてしまうので、それなら適度な距離感のある近居!と考えるのは自然な流れかもしれません。

両親にとってみても、近居であれば、子供に気を使いながら生活せずにすみますし、やりたい事ができますので気楽に生活できるメリットがあります。

近居のデメリットは?

「子供世代が親の近所へ移る」「両親側が子供の近所に移る」とどちらか一方がどちらかの近所に移ってくる事になりますが、移る事によるデメリットが生じます。

子供世代が親の近所へ移る場合

仕事場に通える範囲の移動であれば、問題ありませんが、離れた場所に両親の家がある場合、仕事を辞めたり、転職しないといけない事になってしまいます。「起業する」「家業を継ぐ」など、丁度良いタイミングであれば問題ないかもしれませんが、現実的には難しいかもしれません。

両親側が子供の近所に移る

定年退職後などであれば移る事にそれほど弊害は無いかと思いますが、何十年と住み慣れた地元を離れるとなると、友人とも会えなくなりますし、環境の変化が激しいので慣れるまで時間がかかりますし、慣れ親しんだ場所から離れる決断をするのに時間がかかる可能性があります。

また、現在住んでいる家を売却するなど、考えておかなければいけない事もあるので注意が必要です。

家を売って子供と近居生活、新しい家族のライフスタイル

近居について紹介してきましたが、近居という住まい方は家を売ったりして現在住んでいる場所を離れなければいけませんので、家を売却する、誰かに貸す、そのままにしておく、更地にするなど考えておかなければいけない事がありますが、今後の事を考えると、子供世代、親世代共にメリットがあるはずです。同居という選択肢もありますが、近年の環境や考え方にマッチするのは「近居」かと思います。同居でも良いかもしれませんが、どちらも気楽に良い距離感を保った方が暮らしやすいと思います。

もちろん同居の方が向いている家族もいるかもしれませんが、子供が大学に入学するまでの18年間だけしか一緒に生活していない場合、一緒に生活していない期間の方が長くなってしまいます。生活の仕方も場所が変われば異なりますし、同じ空間で同じ生活リズムではうまくいかなくなってしまう事もあるので、新しい家族のライフスタイルのカタチのして今後浸透していくのではないかと考えています。

COPYRIGHT© 2013 実家を売って近居や同居が増える?離れて暮らす親と今後を考える! ALL RIGHTS RESERVED.